法科大学院入学試験

弁護士には、優れた起草力とコミュニケーション能力、そして膨大な資料を素早く読み解いて正確で説得力のある論理的な議論にまとめる能力が必要です。

英語力

法律の専門家は、異なる考え方をすることができ、説得力のある方法で優れた考えを表現できることが求められます。したがって、言語をしっかりと理解し、自分の見解を他の人に納得させることが非常に重要です。そのため、入学試験の英語セクションでは、次の各分野での能力を証明しようとします。

  • 語彙
  • 文法
  • 理解
  • 言語的推論

ワードパワーガイドは、すぐに使える必携の書籍で、常に手元に置いておくことができます。英語を効果的に使うために必要なスキルと知識を身に付けるのに役立ちます。意味と品詞、集合名詞、句動詞、よく混同される言葉、動物の鳴き声、法律の分野で使用される外国語やフレーズなど、役立つ単語の網羅的なリストが含まれています。単語リストを暗記することだけが目標ではありません。必要なのは、語彙をより深く理解し、それを積み重ねることです。これにより、学習している単語に没頭し、その単語をアクティブな語彙の一部にすることができます。

ロースクール志望者には、英語をしっかり明確に理解する必要があります。どんな本でも構いません。あなたのために用意された英語の教材は、あなたがもっと熱心に定期的に読書をすると決心した場合に限り、その過程で役立つはずです。しかし、単に本を手に取ってストーリーを楽しむだけでは十分ではありません。ロースクールでは「能動的な読書」を奨励しています。つまり、注意を怠らず、各単語とフレーズをはっきりと理解する必要があります。理解できない場合は、すぐに辞書を取り出して調べる必要があります。結局のところ、あなたは今、目標に向かって読んでいるのですから。言語スキルは、実践することで最も磨かれます。定期的な読書、英会話、練習は、このインプットを最大限に活用するために必要なステップです。そして覚えておいてください。英語は、あなたが望まなければ上達しないので、準備のこの部分を楽しんで、できる限りの努力をしてください。

さらに詳しい情報が必要な場合は、当社のサイトをご覧ください:

英語 シャドーイング 無理

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *